セラミドが赤ら顔に効果があるといわれる理由

トップページ セラミドが赤ら顔に効果があるといわれる理由

セラミドが赤ら顔に効果があるといわれる理由

セラミドは細胞同士の隙間を埋める働き、そして水分を逃さないようにする保湿作用がある細胞間脂質に該当しています。その細部監視室の半数をセラミドが占めていますから、どれくらい重要な成分かお分かりいただけるのではないでしょうか?

 

赤ら顔や肌の乾燥、ニキビなどのような肌トラブルがありますが、その原因はセラミドが不足してしまっていたからというケースは少なくありません。肌の状態をきれいに保っていくためには、セラミドの存在は無視することはできないのです。ニキビや乾燥肌などが原因で赤ら顔になってしまうというケースは多いですが、これはセラミド不足が関わっている可能性は十分にあるのです。

 

保湿不足になってしまっていることで乾燥肌やニキビが発生してしまい、その結果、赤ら顔になってしまっていることは多いですから、セラミドを十分に補給して保湿をしていく必要があります。セラミド不足になっているということは、肌の水分が少なくなってしまっているだけではなく、バリア機能も弱くなってしまっているということになります。そのため、紫外線などのような刺激を受けやすくなってしまって、ダメージによって顔が赤くなってしまいやすくなるのです。

 

このセラミドを増やす方法として一番定番なのは、セラミドが配合されている化粧品を使うという方法です。どれだけお手入れをしていても、肌に存在しているセラミドの量はだんだん減っていきますし、生成量も少なくなってしまいます。ですので、セラミドが含まれている化粧品などを使い、肌にセラミドを補給していく必要があるのです。

 

なお、セラミドであればなんでもいいというわけではなく、セラミド1または2、3のいずれかが配合されているものを選ぶようにしましょう。