セラミドでアトピー性皮膚炎の症状の抑制や改善はできる?

トップページ セラミドでアトピー性皮膚炎の症状の抑制や改善はできる?

セラミドでアトピー性皮膚炎の症状の抑制や改善はできる?

近年、日本でアレルギーの症状に悩まされている人がとても多くなっており、3人に1人の割合でアレルギー疾患になってしまっているのだそうです。アレルギー疾患でもいろいろな病気がありますが、その中の1割程度の人はアトピー性皮膚炎を発症してしまっているとされています。アトピー性皮膚炎でも先天的な肌質や体質によって引き起こされるケースと、後天的に体質が変化してしまったり、肌に強い刺激を与えてしまうことなどが原因として挙げられます。

 

先天的な理由でアトピーになってしまっている場合、遺伝子に問題が生じてしまっていることでセラミドの生成量や保有量が少なくなってしまっていて、肌が乾燥してしまうことで症状が出てしまうケースが多いです。親がアトピー性皮膚炎になっている場合、遺伝として受け継がれてしまうこともありますから注意しなくてはなりません。

 

そして、後天的な理由として、ホコリやダニ、雑菌などによって過剰に抗体が反応してしまっている症状として現れることもあるのです。子供の頃はアトピーに悩まされてしまっていたけど、成長するに連れてアトピー性皮膚炎の症状が改善されたという話も少なくありません。ですが、逆にこれまでアトピーになったことがないのに、急にアトピーに悩まされてしまうということも少なくないのです。

 

このように後天的にアトピー性皮膚炎になってしまったのであれば、ストレス等が原因かもしれません。特に首の周りや目の周りなどがかゆくなってしまっていて、湿疹までできてしまったのであればアトピー性皮膚炎を発症している可能性があります。いずれにしても、アトピー性皮膚炎は肌が乾燥してしまっていて刺激に対して過剰に反応をしていますので、セラミドを塗って、保湿をすることで改善をしたり症状を抑えていきやすくすることも可能です。