セラミドは皮膚科で処方してもらえるか?

トップページ セラミドは皮膚科で処方してもらえるか?

セラミドは皮膚科で処方してもらえるか?

お肌にとっても効果がある成分セラミド。ドラッグストアなどでも販売されていますね。では皮膚科でセラミドを処方してもらうということは可能なのでしょうか?今回はこのことについて取り上げます。結論から申しますと、保険が適用されないため処方されることは少ないといえます。

 

皮膚科で処方していただける保湿剤は、白色ワセリン、尿素軟膏、ヘパリン類似物質、アズノール軟膏などです。保湿力・肌のバリア機能の回復、刺激が少ないことなどの条件を満たしていますので、セラミドやヒアルロン酸、スクワランオイルを処方しても問題ないと思われますが、病院で処方されることはほとんどないようです。それは保険適応外であることが、最も大きな理由です。

 

あくまで皮膚科で処方されるのは、実績があり保険の認定がされている保湿剤のみであるということです。美容皮膚科などの保険適応外の治療が主な病院に行くなら、セラミドクリームは普通に購入することができます。セラミドは肌に元々備わっている成分ですので、低刺激で安全安心です。

 

しかし化粧品となると、セラミドだけでなく他の化学物質が入っている場合が多く、そちらの物質にアレルギー反応を起こしたり、かぶれてしまったりということが起こる可能性があります。保湿剤としてとても効果のあるセラミドですが、セラミド入りなら何でも大丈夫ということではありませんので、自分の肌に合うかどうかよくテストしてから使い始めるようにしてくださいね。