睡眠不足だとセラミドの効果が発揮されない?

トップページ 睡眠不足だとセラミドの効果が発揮されない?

睡眠不足だとセラミドの効果が発揮されない?

サプリメントや化粧品などを使ってセラミドを肌に与えていたとしても、睡眠不足になってしまっていると肌の状態は一向に良くならないどころか悪くなってしまう可能性は高いです。よく、睡眠不足のせいでクマができてしまったり、ニキビができてしまったり、血色が悪くなってしまったりしますよね。

 

寝たいと思っていても残業などのせいで十分に寝ることができないという人も多いと思います。ですが、睡眠中でしか体のダメージを修復することはできないのですから、いくらセラミドを補給したとしても改善をすることは難しくなってしまうのです。就寝中は、体や肌の修復をするために成長ホルモンが分泌されている状態です。

 

更に脳も眠っていますから、脳が使っていたエネルギーを肌や臓器の修復に回しているのです。肌というのは、気をつけていても何かしらのダメージを受けてしまっているものですし、古い細胞を排出して新しい細胞にしていかなくてはなりません。このようなターンオーバーも就寝中に行われているのですが、睡眠不足になっていると肌の生え変わりをすることができないですので、肌の状態も悪くなってしまうのです。

 

これでは、セラミドで肌の改善をしていくことは難しいですから、睡眠不足になっているのであれば、質の良い睡眠をしっかりしていくようにしましょう。そうすれば、セラミドの効果を最大限まで発揮させやすくなり、肌の乾燥や肌トラブルなども改善しやすくすることが可能になります。